店長の納屋でルンバ♪

インテンスM3

シーズン中働きっぱなしのサスペンションをOH。新品時からBRGの嵌め合いしろが適正ではありません。新品の国産ベアリング使ってもごろごろ。こういうトラブル、多いのです。

早いハナシが穴が小さくて、窮屈すぎて中で部品が仕事できないのです。

機械が精確に丸くあけた穴を自転車屋のおじさんが精度良く拡大できるのか??

しかし、ちょっとした工夫でフレームの精度を落とさず、適正値に修正できるのです。修正後、ベアリングの圧入  (こいつもひと工夫アリ!)  アッセンブルです。

ヒント。。やっぱりヒント無し!


ピポッドのフリクションが無くなれば、プリロードと減衰を適正可できますね。サスペンションの追従性があがったら、楽になるかな。
f0100683_9424546.jpg

[PR]
by bici-sport-jyapan | 2006-08-02 09:30
<< プロの仕事。 車輪もの2 >>



店長の日記
Shop Homepage


Recommend Site
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧