店長の納屋でルンバ♪

<   2006年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

インテンス再び

今度は赤のM3です。BRG抜いたらやっぱり。。以前の白M3のお友達さんなので、どろどろ具合もほぼ同じ。たぶん鑑識回したら泥の産地も同じはず。(鑑識なんか回してどうすんの?って言われればそれまでですが。。)



さて、問題は再アッセンブル。CNCの穴加工があっちとこっちでセンターがズレてる。

(意味わからないですよね?スイマセン。両側から丸いトンネル掘ったら、真ん中でズレた。みたいな感じなのですが。)

オーナーさんに許可を頂いてから加工します。



当店は零細なので、プレスなんて当然ありません。なのでベアリングの圧入はこれ。インターバイクショーの会場で、無い英語力で値引きして頂きました。自転車でしたら対外のサイズはなんとかなります。そういえば人間の手が一番ってポップヨシムラがおっしゃってたのをTVで観た事があります。

使用ベアリングはもちろん国産品。1個数百円の違いですしね。

f0100683_17202100.jpg

[PR]
by bici-sport-jyapan | 2006-08-26 00:39

アンパンマン。

定休日にもうすぐ4歳になる娘とアンパンマン劇場板を観に行きました。映画館はおじいちゃん、おばあちゃんに連れられた子供でいっぱい。

安達祐実ちゃん(もう、安達祐実さんですね!)乙葉さんが声をやっているんですね。

で、内容は。。もう、店長号泣ですよ!男泣き!!感動ものでした。久しぶりに毛穴からストレスが抜けていく感じです。

テレビとはケタ違いにアンパンマンさんかっこ良かったです。大人も感動しています。ありがとう!

ちなみに当店お客様のアキさんは、入場早と寝てしまったらしい。1,700円払って。
[PR]
by bici-sport-jyapan | 2006-08-25 00:17

参加募集開始いたします。

イベントのお知らせです。

9月2日(土)〜9月3日(日)の2日間、清里にて1泊2日のツーリングイベントを開催いたします。
f0100683_16551156.jpg


MTBが好きで、現地集合が可能な方なら、当店のご利用は関係なくどなたでも参加できます。

いまご覧になられているアナタ!!思い切って参加しませんか!人生変わるかもしれませんよ。

ビチスポルトジャパンまでメールにてお問い合わせください。
[PR]
by bici-sport-jyapan | 2006-08-12 17:04

プロの仕事。

清里のあるカフェのスタッフさん。リョウさんっていいます。
ラリードラーバーの方で、PCWRC用のマシンを入手し、活動されています。
なんと、彼のトレーニングに同乗させて頂く事ができました。

緊張するなぁ。目の前にコンピューターが付いてる。足にはワイパーのスイッチ。
なんで足?しかも助手席??そうか!ラリーは助手席の人がワイパー当番なんだ。
運転するヒト、いそがしいもんね。そうだよきっと。

もうひとつのボタンはコンピューターのスイッチ。手でやってるヒマないもんね。

ハーネスをカチャカチャたくさん付けて出発!

プロの方に向かって、上手いは失礼なのですが、びっくりするほど運転がうまい。
当たり前と言えば当たり前ですが、本当に上手いんです。

それから、このインプレッサ。加速が凄い。ちびりそう。

で、必要のないコト、しないんですよ。プロって。

まず、曲がりきれず飛び出してしまうのではないかと言った不安が全くないのです。なので以外と怖くありません。うちの妹の運転の方が遅いけど絶対に怖い!

それから、乗り心地がいい。私のクルマの方がサスが固いんじゃないかってくらい。

経験が浅いと、ついサスペンションを固めてしまいがちだそうで、それでは実戦ではストレスになって使えないとおっしゃっていました。

だーっ!とクルマが流れるのですが、流れ方が一定なのですぐ馴れます。これは舗装路、未舗装路とも同じ。舗装路の方がスピードが速いかなって違い。

感じた事なのですが、運転のうまい方は仕事のはじめから終わりのうち、前半がとても丁寧でゆっくりと最小限の操作をする。後半は少しでも前にと言った全速加速の操作に集中する。

そういえば、スローイン、ファーストアウトっていうけど、あれって車速だけの事ではないのかもしれません。暗くてペダルは見えなかったのが残念。どこらへんまでブレーキ踏んでいるのかな?


とても良い経験をさせて頂きました。リョウさん。ありがとうございます!
[PR]
by bici-sport-jyapan | 2006-08-07 01:35

インテンスM3

シーズン中働きっぱなしのサスペンションをOH。新品時からBRGの嵌め合いしろが適正ではありません。新品の国産ベアリング使ってもごろごろ。こういうトラブル、多いのです。

早いハナシが穴が小さくて、窮屈すぎて中で部品が仕事できないのです。

機械が精確に丸くあけた穴を自転車屋のおじさんが精度良く拡大できるのか??

しかし、ちょっとした工夫でフレームの精度を落とさず、適正値に修正できるのです。修正後、ベアリングの圧入  (こいつもひと工夫アリ!)  アッセンブルです。

ヒント。。やっぱりヒント無し!


ピポッドのフリクションが無くなれば、プリロードと減衰を適正可できますね。サスペンションの追従性があがったら、楽になるかな。
f0100683_9424546.jpg

[PR]
by bici-sport-jyapan | 2006-08-02 09:30



店長の日記
Shop Homepage


Recommend Site
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧